記事一覧

1月7日の近江鉄道バス


DSCF7018_20170110203349611.jpg
皆さま、こんばんは!

大津営業所の新車、1143号車の営業入りしているシーンをようやく捕獲出来ました。

先日の記事にてご紹介しましたが改めて・・・

DSCF7045.jpg

DSCF7050.jpg
●滋賀200か1143(大津営業所所属)
●2016年11月下旬登録

あやめ・彦根に続き、大津にも導入された西武中古の西工ボディー。そして、安心と信頼の日産ディーゼル(現 UDトラックス)製。

外見はあやめの1118号車と同様の車体で、西武時代は前乗り・後ろ降り仕様だったため、前扉に側面行先表示器があります。

灯火類はヘッドライトのみLED化されています。

DSCF5020.jpg
年式は2004年10月製。
1118号車も2004年(6月製)のワンステップ車ですが、車内の手すりはオレンジ色。(1118号車は無着色)
2004年のある月を境にバリアフリー法うんぬんで仕様が変更(国土交通省標準認定バス)されたんでしょうかね?


DSCF7049.jpg

DSCF7048.jpg
中古車としてはかなり久々のご登場!ピクトグラム付き出入り口ステッカー。

余談になりますが、このステッカーが貼られている西武中古はどこを探しても、あやめ所属の500番台、数台だけ。非常に貴重な存在なんです。


DSCF5022.jpg
この会社のバスの面白いところは、新車・中古関わらず、少しでも導入時期が開くと大きい部分から細かい部分まで仕様が変わたり、突然変異的に変わっていたりする点。
中古の場合は改造施工会社よって異なっていたり・・・。それらを探したりするもの楽しいです。

1143号車の運賃表示器が突然変異的に縁が黒色に!これまではグレーを採用しておりましたが、
何を思ったのやら、ブラックで決めてきました。
それから、いつもは前扉上に取り付けられている名札刺しを運賃表示器横に設置。

で、その上には西武時代の社番シールの剥がされた跡がありました。

DSCF5021.jpg
車止めにも書かれている「A4-31」

これ元に調べてみると・・・
かつて、西武バス上石神井営業所所属していた「練馬200か1191」という車両で、「A4-31」の社番をもらっていたそうです。
廃車前はフルカラーLED行先表示を積んでいたとか。


近江にフルカラーLEDは・・・いつ頃・・・いや、一生無いかも(笑)




駅前や道沿いの撮影だけでなく、乗車することによって何かを発見する場合もありますし、
会社にお金を落とすことにも繋がりますからね。




今日はこれにて終了!
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは。四,五年前の車体更新時に車内のポール(黒からオレンジ)などの交換もおこなわれたそうです。
もし既情報でしたら申し訳ございません。

Re: No title

こんばんは。車体更新時に一新されたのですね。ご教示ありがとうごさいます。

コメントの投稿

非公開コメント

QLOOKアクセス解析