記事一覧

7月29日の近江鉄道バス(八日市営業所)

皆さん、こんばんは!


遅まきながら先月、ブログ開設6周年を迎えることが出来ました!これもひとえに皆さまのおかげでございます。
厚くお礼申し上げます。
これからも変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。



その記念として自身初の貸切バス企画を立てまして、7月29日に開催させていただきました・・・(笑)

DSCF2055.jpg
「貸切というからには何十人も集めてやったんですか?」との声が聞こえてきそうですが、答えはNO。


「真面目にバカをやる」これをモットーに、恐らく前代未聞かもしれない
「主催者本人と相方の2人だけでバスをチャーターする」という、
傍から見れば「バカじゃないの!?」と思われそうな聞いた事がない型破りな貸切になっております。

2人だけより、人を募ってワイワイ楽しむほうが良い(さらに人数が増えることで1人頭の費用が下がるメリットもある)んじゃないかな?と考えてたこともありましたが、不特定多数の方々をお誘いするのはちょっと抵抗があったり、あまり人が多く集まる所は苦手で・・・。

DSCF2010_2017080721401662b.jpg
「532号車でゆく!湖東満喫ツアー」と題しまして、八日市営業所管内を満喫しよう!という企画。

車両は複数打診しまして、その中から中型流用車の532号車(滋賀22き532)をお借りさせてもらいました。



さらに行程も「バカじゃないの!?」と言われそうなルートをバシッと!設定させていただきました。

SnapCrab_NoName_2017-8-7_17-33-51_No-00.png
地図をご覧の通り、湖東エリアをほぼ走り抜けております。
ただ単に八日市営業所管内を巡るのは面白くないので、なるべく路線バスルートに沿う形で組みました。

竜王ダイハツや岡屋南・三井アウトレットパーク・青年の城・竜王ゴルフコースも盛り込めば、
八日市営業所管内(ちょこっとバス・日野町営バスは除く)完全走破!となりますが、

・1日で回れそうになさそう
・運転手さんの拘束時間の事を考えると、長時間拘束はダメだろうな・・・。

などの理由から最終的にこの行程になりました。


それでは、「532号車でゆく!湖東満喫ツアー」出発!

DSCF1956.jpg
配車場所はこれもあまり例が無さそうな八日市営業所。あいにく空模様ですね・・・。
運転手さんと落ち合い、ここから自分は乗り込みまして532号車は八日市駅へ。


DSCF1958.jpg
八日市駅とぉーちゃーく!靄(もや)がかかっております。何やら532号車のとなりに何かいますね・・・。
ここで相方がご乗車。

八日市駅⇒ Next ???


DSCF1965.jpg
神崎線ルートで能登川駅にやってまいりました。天気はすっかり持ち直して夏空!


DSCF1972.jpg
能登川駅⇒ Next ???


DSCF1977.jpg
角能線ルートで愛知川駅!
上手いタイミングで能登川駅行きの653号車とスライド。

さらに532号車は角能線ルートで湖東平野をゆっくり進みます。

DSCF1982.jpg
はい、市ケ原に到着!

自分の知る限りでは市ケ原に532号車が乗り入れる姿を見たのは初めて。


市ケ原⇒ Next ???



DSCF1993.jpg
永源寺車庫到着!

532号車にとっては毎日のように永源寺線を行ったり来たりしているので、
アウェイじゃないですね。


DSCF1990.jpg
転回場所では珍しく永源寺線仕業に就いている305号車と顔を並びました。


DSCF1984.jpg
余談になるかもしれませんが、市ケ原から永源寺間は
ちょこっとバス愛東線、平尾・愛東外町(あいとうとのちょう)を通って来ました。

実はこの経路、このような逸話がありまして・・・

角能線の開通以前は、愛渓自動車が大正9年(1920年)にに能登川駅と愛知川駅を結ぶ路線を開通。
昭和初期に近江鉄道が会社を買収して、角井村平尾(現・東近江市平尾町)までを結ぶ「角能線」とし、
現在の東近江市内を走る最古の路線バス運行路線である。

1920年代の開通当時は平尾まで運行され、昭和30年代には永源寺まで延長されていた。
しかし、利用者の減少によって市ヶ原までの路線となった。

昭和後期から平成初期までは、金剛輪寺を経由していた。
また、1990年代初頭から2003年頃までは、クレフィール湖東を経由していた。
湖東記念病院は、病院の完成に伴って経由するようになった。


Wikipedia「角能線 (湖国バス)」より引用
という、経歴を持つ路線の角能線。本当なのか否かは要出典ですが。



DSCF2001_201708081840222ff.jpg
さて、話を「532号車でゆく!湖東満喫ツアー」に戻しましょう。


DSCF2003.jpg
永源寺⇒ Next ???


DSCF2008.jpg
北畑口、到着!

DSCF2022_20170808161421523.jpg
北畑口では流用車の318号車と顔合わせ。


318号車を見送ってから北畑口を後にし、1時間ほど昼食休憩。
時が経つのは早いもので、湖東満喫ツアーは折り返し時点に突入します。


DSCF2043.jpg
北畑口⇒(日八線ルート) Next 日野駅

DSCF2051.jpg
日野駅からは日八線、市子松井より長峰線ルートで蒲生堂口を経由して長峰集会所へ。

ここ長峰集会所では518号車と並びました。


518号車が長峰集会所を発車して数分後、我々もその後ろを追いかけるように近江八幡駅南口へ。

DSCF2053.jpg


DSCF2054.jpg


近江八幡駅南口⇒ Next ???


DSCF6836.jpg
本日3回目の踏切。八日市のバスでJRの踏切を渡る光景は新鮮(笑)


DSCF6843.jpg
近江八幡駅北口到着!
路線バスだとロータリーで降車させられますが、バス待機場所まで乗れるのは貸切ならでは。
これもまた客からして見れば非日常な風景。


DSCF2061.jpg
八幡駅北口では休憩を兼ねてツアー最長の1時間半以上の長時間停車。


近江八幡駅で相方とお別れし、八日市営業所へ・・・。

DSCF2063.jpg
入庫。10時間の長丁場ありがとうございました。



さて、長々とした記事でごめんなさいですが、いかがでしたか?「532号車でゆく!湖東満喫ツアー」

この企画を計画した当初は貸し切った車両で遊ぶことしか頭にありませんでしたが
今回の貸切は人とのふれあいが多かったように思います。

・こんな行程(仕業)、素人じゃない(中の人&532号車運転手さん)
・2人だけでバスを貸し切るとかカッコよすぎ(近江八幡で出会った運転手さん)
・内心、バカじゃないの(誉め言葉)と思われた方多数(あちこちで出会った運転手さん)

など、お言葉を頂戴いたしました!

また、各所で路線バスと遭遇しましたがあれは計算して仕業を組みました(笑)


自分的には成功と言っていいかな・・・と思います。
これから、ブログ周年祭と称して年1~2回ほど貸切企画を開催してみるのも面白そう。

今年は「満喫ツアー」でお腹いっぱいになりましたけども(笑)




「532号車でゆく!湖東満喫ツアー」貸切にご協力して頂いた、
近江鉄道自動車部貸切バス営業センター担当者様、ご丁寧なご対応をしていただき、感謝しております。
八日市営業所さんならびに532号車を運転された乗務員さん、お疲れ様でした。誠にありがとうございます。




それでは第2弾をお楽しみに!(あるのか・・・?)
今日はこれにて終了!
スポンサーサイト

コメント

貸切

 今晩は。貸切の記事楽しく見せて頂きました。面白い企画でしたね、コースが渋い。第2弾はあやめ営業所か大津営業所ですかね(笑)

おめでとうございます

 ブログ開設6周年おめでとうございます。開設当初からともさんのブログいつも楽しく見させて頂いておりました。又貸切ご成功おめでとうございました。

Re: おめでとうございます

ありがとうございます。来年の企画は何をするのか?乞うご期待を!(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とも

Author:とも
「ともの近江鉄道ブログ」「近江鉄道バス・湖国バス営業所別車両リスト」管理人です。

アクセスカウンター(旧ブログからのアクセス数)

QLOOKアクセス解析