記事一覧

3月4日の近江鉄道バス

あやめ営業所に先月デビューした中型の新車、1156号車(滋賀200か1156)に乗車して来ました。

近江鉄道公式Facebookには「守山地区を中心に活躍」とありましたが、
この日は守山からかけ離れた近江八幡にいました(^-^;

DSCF8531.jpg

DSCF5489.jpg
という訳で、1156号車に乗り込みました。いつもなら前方に座るのですが、走行音収録も兼ねて後ろに着席。
近江八幡駅からヴォーリズグランド前まで片道15分ほど、往復30分の短時間乗車でしたが、思う存分楽しめました。

まずは車内の様子から。
以前の記事の中でも書きましたが写真の通り、助手席側一番先頭の座席(マニア席)はなく、そには給油タンクが鎮座しています。オプションで仕様変更出来るそうですが、メーカー標準仕様での導入になりました。

DSCF5471.jpg
堅そうな座席シート(実際堅い)

DSCF5472.jpg
近年の西武中古車では横引きカーテンが採用されていますが、何のこだわりか知りませんが、ブラインド式カーテンを選択。
確か、おととし年末に導入されたあやめの1083号車もこのカーテンをチョイス。湖国の新車は横引き一択なんですが、近江の自社発注車はこだわってますねぇ。

DSCF8532.jpg
運転台周りはこんな感じ。

DSCF8533.jpg
ミッションはAMT(セミオートマチックトランスミッション)という、
ATなんだけど、ギアを左側にシフト「+ M-のところ)すれば、クラッチ無しでもMT車のようにギア変速が可能なモノ。
何速あるのか分かりませんけど(^-^;

余談にですが、今自分が乗っているリトルカブもクラッチが無くとも変速出来る(リトルだけじゃなくカブ全体)ので、理屈はこれと同じですかね?

乗り心地は変速時やエンジンブレーキのショックが大きくて、酔いそうになりました。

DSCF5491.jpg
それから、最大のポイントはこちら!
今から10年前、あやめ営業所に導入された新車(617・618号車)を機に広がり始めた、レシップ製運賃表示器と機械音声の放送案内。

1156号車は小田原機器製の運賃表示器を設置。自動放送は指月電機製作所製の音声案内装置を採用。
なお、運賃箱・整理券発行機はこれまで通りレシップ製。

DSCF5490.jpg
1画面だけなので、数秒程度でいくつも情報が切り替わります。

まず、次停留所スイッチを押すと、バス停名がデカデカと表示され・・・

DSCF5491.jpg
続いて、運賃表示画面に切り替わり・・・

DSCF5492.jpg
英語バージョン・・・

DSCF5493.jpg
次停留所の矢印表示。バスのイラストも動きます(笑)

DSCF5477.jpg
停車ボタンを押せば「次、止まります」の表示。5秒程度で消えたかな?

DSCF5484.jpg
DSCF5488.jpg
時折、このような注意喚起の表示もされます。

「次、止まります」以外はこれらをローテンションさせて表示しています。

DSCF5459.jpg
さらに、無線機も設置。無線機本体にGPSが内蔵されていて、車両位置情報が把握できます。

カンの良い方ならお気づきですよね?いよいよ近江バスでもバスロケ開始でしょうか?

※バスロケ(バスロケーションシステム)とは
無線通信やGPSなどを利用してバスの位置情報を収集することにより、バスの定時運行の調整等に役立てるシステムを言う。路線バスの運行は道路事情や天候による影響が大きく、鉄道などのほかの交通機関に比べて定時制の確保が難しいが、このシステムにより問題緩和を行う。
日本では、利用者向けサービスのために、バスの接近や到着予測時刻情報を、バス停留所や携帯電話、インターネットにおいて情報提供する機能を主とすることが多い。 これによってバスの位置情報を提供することで、利用者は待ち時間のだいたいの目安がわかり、時間を有効に利用することができる。バス事業者では運行管理システムを兼ねていることが多い。

Wikipediaより引用

全国で数々のバス会社で導入されており、滋賀では京阪バスと江若バスがバスロケが参入しています。

近江は今のところ公式発表されていませんが、近々始まるのではないかと。


1156号車が本格的に運行開始し出した2月下旬あたりから、あやめ営業所の全車両を対象に
・小田原機器製運賃表示器&指月電機製作所製音声合成装置に交換
・無線機の取り付け
以上の3点セットを他の車両にも急ピッチで取り換えや追加が進められています。

あやめ営業所に触発?されて、大津営業所管内ではレシップに統一、八日市営業所はあやめ営業所と同様の装備になりつつあります。

ということは、パナソニック製音声合成案内は近江バスから消滅することに。
そして、あやめ営業所からはレシップ製の運賃表示器と機械音声が過去のものに。


皆さんはどれがお好み?音声案内放送!

① パナソニック製 音声合成案内


②レシップ製 合成音声案内


③指月電機製作所製 音声合成案内

湖国バスはバスロケやるんですかね?始めそうな気配は無さそうだし、それらしい動きは確認出来ていません。
もしかしたら、そろそろ導入工事が始まるのかも知れませんしね。


DSCF8536.jpg
1156号車は近江バス改革のためにやって来たバスだった・・・?



最後に1156号車の走行音を貼り付けて締めたいと思います。


今日はこれにて終了!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とも

Author:とも
「ともの近江鉄道ブログ」「近江鉄道バス・湖国バス営業所別車両リスト」管理人です。

アクセスカウンター(旧ブログからのアクセス数)

QLOOKアクセス解析