記事一覧

3月19日の近江鉄道バス

この日は1ヵ月ぶりに大津営業所管内をパトロール。

DSCF4833.jpg
昨年2月ごろから大型・中型に大量占拠され、どこへ行っても必ず1日に1台もしくは3、4台は目にしていた
例の広告ラッピング」は今月に入って広告主と契約切れしたようで、
それと同時にラッピング車両(大型17台・中型12台)は一気に脱皮(笑)久々に平和が?訪れました。




●385号車(滋賀200か385)ビフォーアフター
DSCF3977.jpg
DSCF3978.jpg


DSCF8872.jpg
DSCF8873.jpg



●650号車(滋賀200か650)ビフォーアフター
DSCF9803.jpg
DSCF9806.jpg

DSCF8891.jpg
DSCF8892.jpg
なんやかんや言って、やっぱりライオンズカラーが一番安心しますね。

ラッピング解除車両特有の痛々しい、塗装の剥がれや広告フレームの跡・・・。こればかりは仕方ありませんが。


DSCF8874.jpg
例の企業広告が落城し、今度は求人情報サイトなどを展開している「マイナビ」さんが攻めて来ました。

DSCF8878.jpg
小ぶりな広告ですが、あのラッピングみたいな景観をぶち壊すようなデザインじゃないのが良いですね。

DSCF8867.jpg
マイナビさんの広告は主にドア側にあり、大型数台と中型(今のところ1002号車だけの模様)に貼り付けされています。
広告は3パターンあるようで、さらに広告の貼り付けられている箇所は前扉と後ろ扉の間や後部寄りの2パターン。
もっと探せば他にもありそうな予感。


DSCF5699.jpg
近々、近江鉄道バス管内で開始されるであろうバスロケーションシステム。

先日書いた記事にもあるようにそれに向けて、
あやめ・八日市は小田原機器製運賃表示器と指月電機製作所製の音声合成案内&設定モニター
大津はレシップ製運賃表示器・音声合成案内(設定モニターは指月製)

無線機は3営業所とも同一の機種を設置

・・・と、機器統一する改造が進められている最中です。

DSCF5717.jpg
大津営業所はパナソニック製音声合成装置とレシップ製の音声合成装置の車両が半々在籍。
非レシップの車両はレシップ化とバスロケ機器類設置、元からレシップのバスはバスロケ対応機器が追加されています。
瀬田や石山、草津地域専用のマイクロバスも同じくレシップ化とバスロケ対応化。


パナソニック製音声合成装置からレシップに変わった車両は運賃表示器のフチが白色だったり黒色するのですが、
黒は新品で、白色はあやめからの横流し品ではないかと推測しています。




今日はこれにて終了!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とも

Author:とも
「ともの近江鉄道ブログ」「近江鉄道バス・湖国バス営業所別車両リスト」管理人です。

アクセスカウンター(旧ブログからのアクセス数)

QLOOKアクセス解析