記事一覧

4月28日~5月1日の近江鉄道バス

この4日間の近江バスの動きをお送りしたいと思います。

はじめはあやめ営業所から!
今年2月に中型の新製車(1156号車)が導入され話題を呼びましたが、大型車は昨年7月に1118号車を導入して以降、目新しい動きはありませんでしたが、10ヵ月ぶりに新車が2台仲間入りしました。

DSCF0249.jpg
DSCF0250.jpg
●滋賀200か1169
●2017年4月下旬登録
もう今やお馴染みとなった、西工ボディー+UDトラックス(旧 日産ディーゼル)の西武中古です。
まずは外観。1118号車と大津所属の1143号車と同様、前扉横に行先表示器が設置されている前乗り仕様(西武時代)&4枚折り戸だったボディーの1169号車。
前方から見ると単なるディーゼル車に思えますが、尿素タイプという1点モノでございます。

DSCF6250.jpg
年式は20005年5・・・いや、9月・・・かな?


DSCF0438.jpg
●滋賀200か1171
●2017年4月下旬登録
ナンバーが1つ飛んでの登録(数日違い)になった1171号車。
こちらは後ろ扉が引き戸となっております。

実はこれも1点モノなんです。

DSCF0444.jpg
引き戸で4点テールランプの車体は初めてですね・・・。
さらにエンジンは尿素タイプではなく普通のディーゼル車。
年式は2004年でしょうか?

まだ2台とも乗車したことが無いため西武時代の社番などは不明です・・・。また機会やタイミングが合えば乗りたいと思います。

DSCF0446.jpg
危険物持込禁止プレートが黒文字なのも初。

今回の導入分は1台1台特徴がある1点モノシリーズをご購入したわけなんですが、
ナンバー登録からわずか1週間以内で営業入りしたという異例というか最短での運行スタートを切っています。

さて、もう1つ気になるのはどの車両を置き換えたのか?ですね。

DSCF0454.jpg
1台は577号車(滋賀200か577)
除籍されずに八日市営業所へ転出しました。
先ごろ廃車された441号車の代替車両でもあります。

DSCF7600.jpg
もう1台は673号車(滋賀200か673)
ついに出た、滋賀200か60番台初の廃車。経年劣化および車検期日満期をもっての除籍となりました。
余談ですが、673号車側面にあった広告(写真に写っている看板ね)は718号車に乗り替わりました。


※1169号車は4月28日、577・1171号車は5月1日撮影


続きまして・・・

DSCF6219.jpg
八日市からあやめに2016年1月に転属して(厳密に述べると里帰り)早1年ちょっとの「板」こと52号車(滋賀22き52)。
里帰りから2度目の車検更新!まだしぶとく生き延びるようですね・・・。

DSCF0299.jpg
以前から書いているように板は予備車扱い、そして月1、2回動かす程度で表に出る事はほとんどありません(ていうか、扱いにくくて誰も使いがたらない)が、偶然動いているところを記録出来ました。

うちの相方情報によると26日ごろから再稼働したそうなので、車検明けから2日で動き始めたんですね・・・。

DSCF0294_2017050521323841f.jpg
今年で29歳を迎えた52号車。近江・湖国所属の自社発注路線バスの最古参。

DSCF0296.jpg
最近は中型の自社発注最古参=52号車と注目されがちですけども、53号車(八日市)と56号車(彦根)の存在もお忘れなく。
さらにこれと同型の西武中古も八日市(653号車)と彦根(675号車)に在籍しています。

DSCF0297.jpg
知らないうちに側面行先表示器下にあったお知らせ(八日市時代に貼り付けられ、あやめ転属後もそのままでした)が撤去されていますね。確か今年2月ころまではあったような・・・?



板の本来の役割は「昨年2月に事故廃車された720号車の代打で、52号車は新車の中型が(1156号車)来るまでの繋ぎ」で、
1156号車に置き換えられるはずでしたが、709号車が昨年11月に事故を起こし3月に廃車。板も抜けると再び中型が足らなくなるので、仕方なく残っている・・・と。

※4月29日撮影


DSCF0282.jpg
DSCF0278.jpg
あやめの自社発注中型車のボディー更新は全車終わり、いよいよ大型車にも着手。第1弾は256号車。
ボディーはもちろん、灯火類からバンパーとナンバーまでピッカピカに。
この車体更新で出入り口ステッカーがピクトグラム入りのシールに変わりました。


※4月28撮影




続きまして八日市営業所ネタ。

DSCF0368.jpg
今年も運行!石楠花渓(しゃくなげけい)臨時バス!
日野駅~日野町鎌掛にある、ほんしゃくなげ渓谷を結んでいて、しゃくなげの開花時期に合わせて運行されているバスです。

臨時バスと聞いてシャトルバスかのように思いますが期間限定の路線バスです。

石楠花渓線ルート
石楠花渓線はご覧の通り。
日野駅から高校前までは日八線と同経路、高校前から日野水口グリーンバイパスを経由し、
日野ダリア園と石楠花渓に至るルートです。

DSCF0394.jpg
撮影日は318号車が充当されていました。318号車固定ではなく日替わりで車両が運行していました。
昨年まではLED行先表示器車両は「石楠花渓」のコマを出していましたが、今年からは「近江鉄道」表示に変わったようで。
バスロケの関係かな?でもバスロケは未対応でした。


DSCF0410.jpg
新緑の里山を軽快に走る318号車。


DSCF0386.jpg
昨年はしゃくなげ渓園内バスが運行されていましたが今年はなし。


今年こそは乗りたいと思っていたしゃくなげ臨時バスですが、またもや乗れずじまい・・・。来年こそは・・・!


DSCF0413.jpg
ちょこっとバスの中に混じっている2ケタナンバーのマイクロバスがいますね・・・。

普段は角能線専用の35号車。ここ最近、ちょこっとバスが不調気味で予備車がほぼ毎日出動していて、さらにこの日はもう1台車両不具合で予備車に交換。その結果、ちょこっとの予備車両が足らなくなり、35号車を呼び寄せたという。
八日市駅で姿を見たのは初めてですねぇ。以前、日野町営バスの代打で走っているところも見たことがありました。


※4月29日撮影



今日はこれにて終了!




PS.近江鉄道バス・湖国バス営業所別車両リストを最新情報に更新しないと・・・。今月中に出来るかな?



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

QLOOKアクセス解析