記事一覧

6月8日・11日・13日の近江鉄道バス(八日市営業所)

6月から中型車の勢力図に変化がみられました。

まずはこの話題から。
DSCF8406.jpg
9年に渡り活躍して来た、53号車(滋賀22き53)が今月上旬の車検切れをもって除籍されました。

先日、掲載した記事の日が運行最終日で、翌日以降は営業所内のいつもの寝床で最期の時を過ごしておりました。
5月27日の近江鉄道バス(八日市営業所)

6月に入り、車検日満了まで数日となったある日には車内外の部品が取り外され、
後述する車両たちに付け替えられまして、その2、3日後に帰らぬ旅に出ました。




53号車が廃車され、残りの中型の板車は・・・

・52号車(あやめ/自社発注/予備車)
・56号車(彦根/自社発注/滋賀大学シャトル専用)
・653号車(八日市/西武中古/角能線予備車)
・675号車(彦根/西武中古/路線)

・・・合計4台で自社発注、西武中古ともに2台ずつにまで減りました。

53号車は3月にバスロケ対応機器類が搭載され、まだまだこれからも活躍するのかなと思っていたんですけどね・・・。


DSCF6609.jpg
そして、同じ八日市営業所の板車でもこの車両は現役続行!


DSCF1228.jpg
角能線のドンや重鎮、大先生などとと呼ばれる653号車(滋賀22き653)が今年も車検更新!
いつもの路線で淡々と仕事をこなしていました。

DSCF1231.jpg
車検でホイールがきれいなった以外は特に外見に変化はなさそう。

余談ですが、何気に653号車の保安適合証を記録したのは初めて(笑)



※3枚とも6月11日撮影


続きまして・・・


DSCF1278.jpg
今年3月にボディー更新を受けた流用車の532号車が、約7ヵ月ぶりに路線仕業に入っていました。

以前にも書きましたが、532号車はバスロケ化&新型運賃箱更新されておらず、
車体更新から戻って来た後は貸切車の予備扱いでした。

動きがあったのは53号車が旅立つ頃。
53号車に積まれていたバスロケ機器類、新型運賃箱、常時録画型のドライブレコーダーが532号車に移植されたので、営業入りすることが出来たという訳なんですわ。

53号車という存在は消えましたが、532号車に引き継がれてここでしっかりと生きています。

車体更新から3ヵ月。表に出で使われる機会がほとんど無かったからなのか、今でもツヤツヤなボディー♪
いつも思うのですが、三重交通さんはていねいな仕事をされておられますね。



※6月13日撮影


まだ続きまして・・・


DSCF1174.jpg
53号車の代替として湖国バス(長浜)から591号車が転入しました。

路線・車両ごと、近江から湖国へ移管またはその逆のケースはありましたが、
車両単体での事例はあまりないですね。

DSCF1183.jpg
591号車はゴールデンウイーク明けごろに八日市へ移りまして、しばらく大きな動きはありませんでしたが、
532号車と同様に53号車の廃車前、本格的な稼働に向けて作業が行われました。

作業っていうほど大がかりなものではなく単に53号車の方向幕を取り付けただけですが・・・。

八日市での使われ方は貸切用のようです。(バスロケ化されてないし・・・)
もし、音声合成装置にデータがあればバスロケ対象外の角能線やちょこっとバスの一部路線とかでも使えなくはない・・・?


ん?(何かに気付く)

あっ・・・う~ん?

DSCF9026.jpg

DSCF9020.jpg
昨年2月に記録した写真を貼って比較してみよう。

やっぱり何かが違って見える・・・。

もしかして車体更新したのかな?

サボ類がステッカーに変わっていたりとか、前面バンパーの塗装が違っていたりなど(バンパーは写真の写り具合でそう見えるだけか?)

時期は不明ですが、どうやら八日市転属前に更新したみたいですね。
車内は改装されておらず、長浜時代からあるシートベルトもそのまま付いた状態で転属しています。

ちなみに昨年10月ごろ長浜営業所で見かけたときは、ボディー更新前のお姿でした。


どうでもいい事かもしれませんが、591号車転入で滋賀22き589、590、591の3連チャン揃いましたねぇ。



今日はこれにて終了!



早く、営業所別車両リストを最新の情報に更新しないとなぁ・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

QLOOKアクセス解析