FC2ブログ

記事一覧

6月24日・25日・29日の近江鉄道

DSCF2741.jpg
工場内に留置されていたED31 3が洗車線の奥側に移動しました。サービス(?)の貨車付きです(笑)
一方、ED31 4号機は解体線に置かれたままでした。


DSCF2772.jpg
ED31 3号機を動かしたのは検査入場中の802編成の検査工程の都合かな?と思ったり。


DSCF2708.jpg

DSCF2709.jpg
ミュージアム内跡地に敷かれていた線路は全て取り払われ、車庫からミュージアムに通じる線路も一部撤去されました。
1線分だけ残っていた架線も外され、あとは架線柱を引き抜くだけの模様。


※6月24日記録



DSCF2848.jpg
翌日も車庫ウォッチングしに行くと、
ちょうど、ミュージアム内跡地の架線柱の撤去作業が始まるところでした。

撮ってから気付いたんですが、事務所側留置線の架線が外されていました。
この辺りもどうなるのか気になりますね。


DSCF2860.jpg
にらめっこ


DSCF2873.jpg
車両入れ替えで久々に見れた、820番台どうしの並び。
それにしても、821編成は3月の検査明け以来、一度も運用に就かずに車庫の番人になっちゃってますね(^-^;


※6月25日記録


DSCF2948.jpg


DSCF2949.jpg


DSCF2950.jpg
それから4日後の車庫。

ミュージアム跡地の線路や架線柱などは撤去終了。
事務所側の留置線は無架線地帯になりました。


DSCF2995.jpg
編成が組まれ、足回りが美しくなった検査中の802編成。工場から顔を少しだけ出しておりました。
んで、そのとなりにピットインしているのは809編成。

DSCF3013_20190630050456c2e.jpg
6月27日の入庫分をもって、突如運行終了したキャラ電こと809編成。すぐさま側面のラッピングが剥されたようですが、
今度はどのよう姿になるのやら?


DSCF3020.jpg
今年2月の検査明けで前面のラッピングとヘッドマークが撤去された状態で
復帰したのはそういうことだったのかも知れませんね。


DSCF3015.jpg
個人的には、オレンジ色を生かして灰色帯巻いた、旧近江カラーにすれば面白いんですけど(笑)


DSCF2971.jpg
この日は車庫にいる留置車両全てのパンタグラフが上昇していたので、何か怪しい動きがあるかもと、しばし待機。
しばらくすると車両の入れ替え作業が行われ、その関係で226+ホキ+チの工臨フルセット(勝手に命名)の結成を見ることが出来ました。

DSCF2978.jpg
226側よりもチからのほうが分かりやすいですかね?

DSCF2966.jpg
807編成をアントで事務所横の留置線へ押し込む図。

解体線で通電していて、事務所手前まで自走。そこでパンタを落として、アントで押すという二度手間。





今日はこれにて終了!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とも

Author:とも
「ともの近江鉄道ブログ」「近江鉄道バス・湖国バス営業所別車両リスト」管理人です。

アクセスカウンター(旧ブログからのアクセス数)

QLOOKアクセス解析